「ぬのや呉服店」

 

IMG_1479.jpg
呉服商

江戸時代末期、河西松五郎が
しょい呉服(反物を担いで売り歩く行商人)を始めました。

IMG_1455.jpg
戦後の復興/開店

明治時代に現・神奈川新町にて呉服店を構え、
1912年に株式会社として創業しましたが、戦争末期の横浜大空襲を受けて焼失。

失意の中、昭和23年に現在の神奈川区へ移って営業を再開しました。

(写真:チンドン屋が通るヌノヤ呉服店前)

IMG_1464.jpg
大改築の末、現在の姿へ

昭和48年に大改装。瓦屋根と2階の増築で、現在の姿に近い建物になりました。
ショーウィンドウはいつも四季折々の着物を飾り、
通り過ぎる人々の目を楽しませていました。


平成/令和に入り、着物のニーズが少なくなっても、
着付けや、仕立て、しみ抜きから
お祭りの袴、法被など注文は絶えず、
今でも営業を続けております。


昔の神奈川宿、次の100年も歴史と伝統を守りながら....

IMG_2716.jpg